ライフプランを作成するにあたって重要となるのが「ライフイベント」です。「ライフイベント」とは一生涯で発生する出来事(イベント)の総称です。このイベントに対して「いつごろ」に「いくらかかるのか」を見越し資金を用意する必要があります。そしてそれらのイベントに合わせて必要な貯蓄額を計算します。日本FP協会よりライフイベントにかかる費用の目安が提示されています。

就職活動費:約16万円(リクルートスーツ代・交通費・宿泊費など)
 
結婚費用:約461万円(結婚・婚約・新婚旅行費など)
 
出産費用:約49万円(入院、室料、検査など)
 
教育資金:約969万円(幼稚園から高校まで公立、大学が私立の場合)
 
住宅購入費:約3,320万円(建売住宅の平均購入単価、マンションは約4,250万円)
 
老後の生活費:約28万円(高齢夫婦無職世帯)

介護費用:約16万円(介護保険受給者1人当たり)

緊急資金:約60万円(生活費の3ヶ月~1年分を確保・生活費が20万円なら60万円~240万円)


 このように、就学、就職、結婚、出産・子育て、住宅購入、リタイアなど大きな出費が発生するイベントはたくさんあります。「いつごろ」「費用」「イベント」の3点セットを世帯の収入と合わせて調整し、安心で無理のない生活を設計しましょう。

 
 (文責-山口晃平)