「マネー教育」 最近よく耳にします。遠い遠い昔、楽しかった買い物ごっこを覚えているような気がします。


遠い昔、手作りのお金で子供たちと買う人、お店の人、交代して遊んだ思いでもあります。あれもマネー教育の一環だったのかもしれません。実際その他に改めてマネー教育を意識的に行ったことはなく、お金について気軽に話したり、学んだ機会もとりたててなかったように思います。


お金の管理・使い方・価値観は人それぞれで正解は何か分かりません。友達の話ですが、長男はおしゃれが好きで洋服にお金をかけてしまうそう、次男はとにかく貯金が趣味で貯蓄も多いとか(笑)同じ環境に育っても違うものですね。


大切なことは 「幸せになること」です。 「お金」はどのような人生であっても必要です。学校教育におけるマネー教育に期待する前に子供の年齢に応じた金銭教育を心がけましょう。


正しい金銭教育をするためにもまず、自分自身のマネースキルを磨きましょう。まずは家庭のマネープランを見直してみてはいかがでしょう。


(文責 山口典子)